MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育はMEマネジメントサービス。

MEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
書籍紹介
新着情報TOPICS

2017/05/30 NEW!
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

経営マネージメントクイズに答えて
書籍プレゼント マネージメント学習に役立つ技術用語集
『絵でみる原価計算のしくみ』

よくわかる「品質改善」の本

小川正樹/著

日刊工業新聞社                       

2009年8月20日発行 A5判 全220頁

\ 2,310
 >日刊工業新聞    
   
モノづくりにおいて品質改善は重要なテーマである。本書はその品質改善を実践するにあたって基礎知識から解説し、改善活動を進めるうえでのポイントや実施案の立て方、効果の確認など、役に立つノウハウを満載した品質改善のための実務書。

書籍詳細

詳細内容

   
  第1章 モノづくりと製造品質
  1-1 品質が良くなると製造原価は安くなる
  1-2 日本でのもの作りと品質向上の歴史をひもとく
  1-3 物づくりの品質は設計品質と製造品質に大別できる
  1-4 良い製造品質を現場力で作り込む
  1-5 5Sで現場力の基礎を固める
  1-6 品質改善に役立つ実績データの見方と表し方
  1-7 不良とは「ばらつき」である
  1-8 製造現場でばらつきが発生する2つの理由とは
  コラム(1) 製造会社の必携条件は良い品質、良い環境、安い原価
   
  第2章 製造品質を決定する5つの要因
  2-1 製造品質を良くするには2つの方法がある 
  2-2 5つの要因を見える化する
  2-3 人の力量をアップしてばらつきを減らす
  2-4 機械設備の故障をゼロにする
  2-5 材料、作業方法、測定のばらつきも減らす
  2-6 工程で製造品質を作り込む
  2-7 最適な作業方法を確立する
  2-8 品質を作り込む上で重要な作業を標準化して維持管理する
  2-9 工程能力指数で製造品質を数値化する
  2-10 製造品質を保証する
  2-11 検査で製造品質を保証できるか
  2-12 製造現場の品質保証活動とは 
  2-13 製造物責任(PL)法へ対応する
  コラム(2) 保証と保障と補償の使い分け
   
  第3章 製造品質改善に必要な心・技・体
  3-1 心・・・お客さまの目線で見る 
  3-2 お客さまから見た当たり前の品質、一元的な品質、魅力的な品質
  3-3 明日に向かって発想する改善マインドを持つ
  3-4 技・・・製造品質改善での活用手法
  3-5 品質改善の手順を標準化する
  3-6 品質改善にQC7つ道具を活用する
  3-7 品質改善に新QC7つ道具を活用する
  3-8 品質改善に役立つ統計手法の中身を探る
  3-9 管理技術の東の横綱であるIEとは
  3-10 管理技術の西の横綱であるVEとは
  3-11 効率的にアイデアを発想しよう
  3-12 体・・・組織や小集団活動を活用しよう 
  3-13 小集団によるサークル活動でパワーアップしよう
  コラム(3) 父親の身長と息子の身長は相関するか?
   
  第4章 現場でできる製造品質改善の進め方(T)
  4-1 品質改善の対象となる問題・課題を把握する 
  4-2 重点指向で問題・課題を絞り込む
  4-3 3現主義で現状の実態を把握する
  4-4 層別により集めたデータを分ける
  4-5 パレート図を活用して重点指向を推進する
  4-6 改善目標と日程を決定する
  4-7 不良には必ず要因がある
  4-8 要因を見逃さないために特性要因図を作成する
  4-9 主要因をデータで確認する
  4-10 主要因をヒストグラムで見える化する
  4-11 主要因を散布図で見える化する
  4-12 急げば回れを実践する実験計画法 
  4-13 実験により主要因の最適条件を探る
  4-14 改善の4原則で対策を立案する 
  4-15 TRIZを活用して対策案の技術的矛盾を解決する
  4-16 対策会議ではブレーンストーミングを活用する
  コラム(4) 3現主義+2原主義=5現主義
   
  第5章 現場でできる製造品質改善の進め方(U)
  5-1 改善対策を試行する
  5-2 アローダイヤグラムにより実施計画を作成する
  5-3 対策案を実施し効果を確認する
  5-4 品質工程表や作業標準書による歯止めを実施する
  5-5 作業の標準化を実施する
  5-6 品質工程表の作り方と使い方
  5-7 作業標準書の作り方と使い方
  5-8 教育訓練を実施する
  5-9 効果をあげる教育訓練のポイント
  5-10 管理図で効果の定着度合いを確認する
  5-11 管理図の作り方
  5-12 機械化・見える化などにより品質改善状態を維持管理する 
  コラム(5) アローダイヤグラムの作成
   
  第6章 製造品質改善のツボとコツ
  6-1 データのとり方とまとめ方
  6-2 平均値だけではだまされる
  6-3 ばらつきを数値化する偏差、変動の求め方
  6-4 要因別にばらつきを分けてみる
  6-5 品質改善に必要な正規分布とは
  6-6 正規分布の特徴を利用しよう
  6-7 品質工程表の作成に必要な工程分析
  6-8 作業標準書の作成に必要な作業分析
  6-9 品質改善に役立つレイアウト改善を実践する
  6-10 設備の品質を改善・管理するTPMとは
  6-11 設計品質改善にチャレンジする
  6-12 QFDでお客さまの要求を設計品質に変換する 
  コラム(6) 管理図の管理限界線は判断ミスのポカヨケ
   
  第7章 製造品質改善で収益を向上!
  7-1 品質を作り出すコストの中身を探る
  7-2 品質が悪いために発生する失敗コストの中身と求め方
  7-3 品質を評価するために発生する評価コストの中身と求め方
  7-4 品質を良くする予防コストの中身と求め方
  7-5 効率的な収益向上の進め方
  7-6 失敗コスト低減のツボとコツ
  7-7 評価コスト低減のツボとコツ
  7-8 予防コスト低減のツボとコツ
   
経営コンサルティング・社員研修・セミナーなど、お気軽にご相談ください