MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育はMEマネジメントサービス。

MEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
書籍紹介
新着情報TOPICS

2017/05/30 NEW!
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

経営マネージメントクイズに答えて
書籍プレゼント マネージメント学習に役立つ技術用語集

 

社長!経営が見えていますか?

―利益を倍増させる「見える化」のすべて―

橋本賢一/著

日本経済新聞出版社                       

2008年11月17日発行予定 四六判 全336頁
\ 1,995
 >日本経済新聞社    
国内外メーカーへのコンサルティング実績をもとに、間接部門・技術までケースストーリーで解説する、本当に成果が上がる「見える化」の実践手法!

書籍詳細

詳細内容

   
  第1章 見えるようにすれば気がつく
  ――「誰が、何を見たいのか」から入る――
  □産業革命は続いている 
  ■モノ作りさえ見えなくなった
  ■見えないロスのほうがコストダウン余地は大きい
  ■なぜそのテーマを選ぶのか 
  ■グラフにすると見えるようになるか
  ■アクションに繋がる見せ方がある 
  ■何が見えないのか、何を見たいのか
  □見えないものは測ってみる
  ■誰が、何を、いつ見えるようにするか
  エピソード:我が家の景色も見えなくなる
   
  第2章 正しく見えるようにする
  ――なぜ改善効果が、経理数字に結びつかないのか――
  □こんなことが続くと、会社はダメになっちゃいますよ
  □人の振り見て、我が振り直せ
  □数字を手で作る体質から足で作る体質に
  ■なぜ改善しても経理数字に結びつかないのか
  □重欠点不良や納期遅れ損失を評価したい
  ■過去よりも未来が見えるようにしたい
  □変動費と固定費を分けることが大切
  ■人は変動費、設備は固定費である
  ■基本給は固定費、残業代は変動費は誤り
  ■内部統制も見える化から
  エピソード:いくつ食べたかは数えなくてもわかる
   
  第3章 人別に見えるようにする
  ――誰が見るかによって、出す情報が違う――
  ■どういう管理情報を出したらよいのか
  ■人に仕事があり、仕事に人がいる
  ■評価は職位の下位レベルへ下ろすと効果的
  □管理者は「人」を管理している
  □アクション主体の責任区分を行う
  ■人別に管理努力が発揮できる管理可能費を集計する
  ■役割によって違う2つのコストダウンがある
  ■標準を作ると責任を分けることができる
  □在庫低減の責任は誰にあるのか
  エピソード:何万人もの従業員をどうやって動かしていくか
   
  第4章 何を見えるようにするか
  ――あなたの仕事の目的は? それを数字にすると――
  ■取っても使わないデータは取らない
  □価値の高いものにお金をかける
  ■すべての道はローマ(利益)に通じる
  ■7つの重要成功要因がある
  ■どういう経営をめざすかを見えるようにする
  ■各部門は何をすれば利益に繋がるのか
  □あなたは自分の仕事の目的が言えるか
  □KPI(Key Performance Indicators)とは何か
  ■業績・利益に繋がるKPIを決めるには
  エピソード:在庫を持って伸びた会社がある
   
  第5章 タイミングよく見えるようにする
  ――いつ見たいのか、事前に見えるようにすることが大切――
  ■なぜレストランは個別注文を7分で提供できるか
  ■流れを作ると見えるようになる
  ■ガントチャートの前でコミュニケーション
  ■業務の流れを見えるようにするチャートがある
  ■管理サイクルに合わせたタイミングで見る
  ■経営チラリズム♪を知る
  ■通信簿を開けなくても成績がわかる
  ■クレーム対応は何分?
  □素早い顧客対応で顧客満足を得る
  エピソード:会社の危機は突然やってきた
   
  第6章 理想と比べると見えるようになる
  ――目標は意志であり、めざすは理想である――
  ■あるべき姿の理想を求めると見えるようになる
  □種目を絞れば金メダルは取れる
  □どうやって理想を実現するか
  □達成感が味わえれば、努力が報われる
  ■理想と目標は何が違うのか
  ■これまでの予算管理と何が変わるのか
  ■なぜ効果の少ないものを攻めるのか
  □量的見える化から質的見える化へ
  ■量的見える化はどのように分析するか
  ■アウトプットを規定してからインプットを攻める
  ■最適コストは生産要素の最適組み合わせから
  エピソード:WBC世界一に興奮する
   
  第7章 あるべき姿を描くには
  ――インプット資源がすべてアウトプットに繋がるのが理想――
  ■どのようなロスが見えるか
  ■理想的なラインのイメージを描く
  ■コストダウンには2つの金メダルがある
  ■あるべき姿・理想を描くには
  ■基本機能だけでできる設計をする
  ■基本機能だけでできる工程を作る
  □製造段階は理想標準原価に挑戦
  ■たった一日一ラインで6000本のロスが
  ■設備能力を使い切らないロス
  ■非稼動よりも稼動中のロスに注目
  ■購入価格はどこまで下がるか
  エピソード:うちの会社に不可能はない
   
  第8章 問題の核心を見えるようにする
  ――問題が絞り込まれるように分析する――
  ■まずは全体が見えるように
  ■そして問題点を絞り込む
  ■歩留ロス・不良ロスに絞り込んで見る
  ■材料費のロスはどれくらいあるか
  ■これまでの品質改善と何が違うか
  □不良ゼロをどのように達成するか
  □品質は検査で作られるのではない
  ■不良の出ない工程を作る
  ■不良の出ない製品を作る
  ■バラツキのない製品ができたらコストは激減する
  エピソード:砂漠で落としたコンタクトレンズを発見する
   
  第9章 間接業務を見えるようにする
  ――間接業務はインプットよりアウトプットが大切――
  □間接生産性は測れるのか
  ■間接生産性はどのように測るのか
  ■工場の間接業務は何が増えると忙しくなるか
  ■営業・本社業務は何が増えると忙しくなるか
  ■コストドライバー数が業務量を決める
  ■間接生産性が見えるようになる
  ■インプットしても、なぜアウトプットに至らないのか
  ■間接生産性には10倍のバラツキがある
  ■顧客稼働率が悪いとコストがかかる
  ■受注が決まる見積もりをする
  □間接生産性が見えると生産性は向上するか
  エピソード:特定顧客ばかりに行く営業マン
   
  第10章 技術を見えるようにする
  ――体から技能を引き離すと技術が見える――
  ■コア・コンピタンスとは何か
  □こだわりをもった技術は他で生きる
  □暗黙知を形式知へ変えるには
  □さらけ出すから技術が伸びる
  ■技能も見えるようにして伝承する
  ■技能や判断業務をステップ化する
  ■判断のいる頭脳的な業務を標準化してみる
  ■書類は類似なものから編集設計すると速い
  ■ユニット・部品の標準化を推進する
  ■電脳空間・サイバースペース上でのモノ創り
  エピソード:初めて航空機を操縦
   
  第11章 アクションに繋がる見える化をする
  ――やさしいことから完璧に実施して、見える化が実る――
  □やさしい5Sが推進できるか
  ■5Sも推進状況を見えるようにする
  ■何をやるかがわからないでは話にならない
  ■前に進むから5Sの維持ができる
  ■5Sを生産性向上活動に展開するには
  ■人と設備生産性を一体的に見えるようにする
  ■生産性週報からアクションを読み取る
  □アクションミーティングで実施訓練
  エピソード:出席率80%に挑戦した先生がいた
   
経営コンサルティング・社員研修・セミナーなど、お気軽にご相談ください