MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育はMEマネジメントサービス。

MEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
書籍紹介
新着情報TOPICS

2017/05/30 NEW!
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

経営マネージメントクイズに答えて
書籍プレゼント マネージメント学習に役立つ技術用語集

 

正しい意思決定のための経済性工学がわかる本

橋本賢一/著

日本能率協会マネジメントセンター                   

2012年3月17日発売 A5判 全208頁

\ 1,890
 >日本能率協会マネジメントセンター    
ビジネスのさまざまな場面で、経営層やマネジャーが遭遇する判断の局面、それは「どっちが得か?」という選択。その解決のために科学的に研究された損得学、“経済性工学”について、本書はイラストを多用して親しみやすく解説します。難解な設備投資などの経営判断も、「たとえばこんな場合では〜」とケースを用いて解説しますので、すんなりと理解し、実務に応用できます。管理者必携の1冊です。

書籍詳細

詳細内容

   
  第1章 意思決定のモデル 
  ――意思決定を助ける経済計算
  1-1 意思決定への迷い 
  1-2 意思決定の研究成果
  1-3 意思決定のプロセス
  1-4 意思決定のゴミ箱モデル
  1-5 なぜ合理的な意思決定ができないのか
  1-6 「とりあえず」がよいとき悪いとき 
  1-7 意思決定が速くなったわけは
  1-8 意思決定には手順と原則がある
  1-9 損得判断の原理がわかると
  第1章のまとめ
   
  第2章 意思決定の目的
  ――未来の利益を増やす
  2-1 割勘計算は損得計算ではない
  2-2 設備の売却損が出ても得する
  2-3 未来の利益を増やす
  2-4 経済工学は経営工学(IE)の領域
  2-5 意思決定を助ける経済計算
  2-6 防犯ベルは何のため
  2-7 ショーウインドゥだけなら経済的
  2-8 なぜ性能が劣る戦闘機が勝利したか
  2-9 目的にあった情報を収集する
  第2章のまとめ
   
  第3章 選択の範囲
  ――どこからどこまで比較するか
  3-1 現在地と目的地を明確に
  3-2 意思決定の分かれ道に来たら
  3-3 過去は振り返らない
  3-4 埋没原価とは何か
  3-5 目的によって選択の範囲が変わる
  3-6 選択範囲を広げて値引き要求に応える
  3-7 選択の範囲を絞り込む
  3-8 手不足と手余り状態で選択範囲が違う
  3-9 ネックプロセスを見つけ出す
  3-10 ネックを潰す代替案を考える
  第3章のまとめ
   
  第4章 代替案の思考法
  ――どのような方策があるか
  4-1 これしかないと決めつけない
  4-2 アフリカの大型受注を取るか
  4-3 代替案を抽出する
  4-4 代替案の評価は相違分で
  4-5 手不足と手余り状態の代替案
  4-6 意思決定に用いる特殊原価概念
  4-7 そば屋の損得計算
  4-8 機会損失を機会利益に
  4-9 現状と変わるところを計算する
  4-10 儲け損ないを見逃すな
  4-11 機会損失をなくす究極の代替案
  第4章のまとめ
   
  第5章 代替案の比較基準
  ――どんな判断尺度がよいか
  5-1 何と比較するかで判断が違う
  5-2 選択の判断基準は何か
  5-3 3つのタイプの意思決定
  5-4 排反案、独立案、混合案
  5-5 回収の早い案を選択する誤り
  5-6 期間を揃えて比較する
  5-7 どんなときに回収計算を使うか
  5-8 過去よりあるべき姿と比較する
  5-9 意思決定した通りの成果が出るか
  第5章のまとめ
   
  第6章 排反案の選択
  ――利益額の大きいもの
  6-1 どの道を選ぶかの選択
  6-2 休日出勤か外注を使うか
  6-3 在庫を減らして借り倉庫を返却するか
  6-4 利益率より利益額を選ぶか
  6-5 粗利益を取るか、限界利益を取るか
  6-6 増分原価と変動費は何が違うか
  6-7 どこまで値引き要求に応じるか
  6-8 相手に委ねる最善策の選択
  6-9 選択に迷わないガイドが必要
  第6章のまとめ
   
  第7章 独立案の選択
  ――効率のよいものを優先する
  7-1 ショーケースに何を置いたらよいか
  7-2 生産能力が足りないとき何を外製するか
  7-3 内製するか外製、海外生産するか
  7-4 なぜ改善しても利益に繋がらないのか
  7-5 どの製品からコストダウンするか
  7-6 どの製品から海外生産するか
  7-7 効果の大きい改善対象は何か
  7-8 レストランの調理の優先順序は
  7-9 注文があった順に作るか
  7-10 どの顧客に時間を使うか
  第7章のまとめ
   
  第8章 混合案の選択
  ――どんな組み合わせが得か
  8-1 働く主婦の時間の使い方
  8-2 学習時間をどのようにかけるか
  8-3 排反案と独立案が混ざる選択
  8-4 混合案の選択は差額の効率が指標
  8-5 排反案・独立案を混合案にして選択する
  8-6 事業仕訳けは混合案の選択
  8-7 アウトプットの価値の評価をする
  8-8 価値あるものに時間とお金をかける
  8-9 1日納期の価値はどれくらいか
  第8章のまとめ
   
  第9章 損得の分岐点
  ――極端なところに正解はない
  9-1 どのフィットネス・コースを選ぶか
  9-2 損益を分ける分岐点
  9-3 利益図表を描いてみる
  9-4 標準化はコストダウンになるか
  9-5 共通化の最適分割回数がある
  9-6 不良が増えても得をする
  9-7 欠品による機会損失を防ぐ在庫
  9-8 適正在庫・適正ロットがある
  9-9 在庫に厳しく設備に甘い体質
  9-10 省人化するのにいくらまで
  第9章のまとめ
   
  第10章 設備投資をともなう意思決定
  ――時間の価値は変わる
  10-1 設備投資のお金をどう計算するか
  10-2 設備投資までして受注するか
  10-3 継続受注による設備投資なのか
  10-4 償却済の設備を使うと原価が安いか
  10-5 設備を入れる前と後の選択は違う
  10-6 時とともに価値が変わる
  10-7 6つの時間的価値の修正係数がある
  10-8 設備投資限度額に時間的価値を加味するか
  10-9 脱コンベヤは正しい選択か
  第10章のまとめ
   
   
経営コンサルティング・社員研修・セミナーなど、お気軽にご相談ください