MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育はMEマネジメントサービス。

MEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
書籍紹介
新着情報TOPICS

2017/05/30 NEW!
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

経営マネージメントクイズに答えて
書籍プレゼント マネージメント学習に役立つ技術用語集
『絵でみる原価計算のしくみ』 『絵でみる原価計算のしくみ』
小川正樹/著

日本能率協会マネジメントセンター                       

2008年 A5判並製 全184頁
\ 1,575
 >Amazon.co.jp     
   
原価とその計算の中身がイラストで楽しくわかる、やさしい基本書の決定版です。
仕入原価に発生原価、支払経費に発生経費、と分類はいろいろあるけど、どう違うの? ウチの原価はどう分類するの?どう計算したらいいの?といった疑問がサクサク解決する、入門者に最適な一冊です。
原価管理スタッフ、経理スタッフはもちろん、営業をはじめ原価にかかわる全ビジネスパーソンにおすすめです。

書籍詳細

詳細内容

   
  第1章 原価計算でなにがわかるんだろう?
   ・ なぜ「原価計算」をするのか?
   ・ 「どの製品が儲かっているか」がわかる
   ・ 「この部品を作るといくらかかりそうか」がわかる
   ・ 「部門別や業務別にいくらかかっているか」がわかる
   ・ 「購買部門が1回発注すると事務費用がいくらかかるか」がわかる
   ・ 「お客さまサービスや品質向上にいくらかかっているか」がわかる
   ・ じつは人によって「原価計算の使い方」はさまざま
   column@ 原価管理の心・技・体
   
   
  第2章 そもそも原価とはなんだ?
   ・ 会社が活動すると発生するのが「原価」
   ・ 会社の活動ごとに分類した原価、「製造原価」と「販売費・一般管理費」
   ・ 見ためごとに分類した原価、「材料費」「労務費」「経費」
   ・ 「材料費」「労務費」「経費」は機能(役割)でさらに分類できる
   ・ 製品の主原料の原価、「材料費」
   ・ 人の賃金・給料の原価、「労務費」
   ・ エネルギーや設備などの原価、「経費」
   ・ 業種別に「材料費」「労務費」「経費」の構成を比べてみよう
   ・ 販売業やサービス業の原価は「仕入原価」と「労務費・経費」
   ・ 製品との関係で分類した原価、「直接費」と「間接費」
   ・ 原価の3要素を「直接費」「間接費」に分類すると?
   ・ 仕事量との関係で分類した原価、「変動費」「固定費」
   ・ 管理責任で分類した原価、「管理可能費」と「管理不能費
  columnA 原価にならないお金(1)
   
   
  第3章 原価計算のルールって?
 

 ・ 「財務諸表」でお金の流れを把握しよう 

   ・ 財務諸表には「損益計算書」と「貸借対照表」がある
   ・ 手持ちのお金の増減がわかる、「貸借対照表(BS )」
   ・ 入ってきたお金と出ていったお金がわかるのが、「損益計算書(PL)」
   ・ 「財務諸表」と「原価計算」のかかわりとは
   ・ 「内部統制」における原価計算の役割とは
   ・ 「モノづくりの流れ」で見る原価計算の役割とは
   ・ 原価計算の2つの流れ、「事前原価計算」と「事後原価計算」
   ・ 事前原価計算で求める「見積原価」と「標準原価」
   ・ 事後原価計算で求める「実際原価」
   ・ では、「自分に必要な原価計算」は?
  columnB 原価にならないお金(2)
   
   
  第4章 実際にかかった原価の計算方法
       ― 実際原価計算・事後原価計算とは?
   ・ はるか昔からつづく「実際原価計算の決まりごと」とは
   ・ 「実際にかかった原価」を計算する流れ
   ・ 原価を「材料別」に集計してみよう
   ・ 材料が「在庫」として残ったらどう計算するか
   ・ 原価を「人別」に集計してみよう
   ・ 原価を「経費別」に集計してみよう
   ・ 原価を「部門別」に集計してみよう
   ・ 共通の原価を部門別に分ける「配賦」とは
   ・ 原価を「製品別」に集計してみよう
   ・ 「実際原価計算」にトライ!
   ・ 製造途中の「製品」はどう扱うのか
   ・ ここで「ABC」(活動基準原価計算)とはなにか
   ・ 原価を仕事の「内容別」に集計してみよう
   ・ 原価を作用する「コストドライバー」を発見しよう
   ・ 原価を「お客さま別」に集計してみよう
  columnC 会社の利益はどれくらいあるものなのか? 
 
   
  第5章 これからかかる原価の計算方法
       ― 見積(標準)原価計算・事前原価計算とは?
   ・ 「見積原価計算」の流れ
   ・ 「製品1個の原価」を事前に計算しよう
   ・ 見積原価計算では原価を「材料費」と「加工費」に分ける
   ・ 「直接費・間接費」と「材料費・加工費」の関係を整理しよう
   ・ 詳細な材料費は「単価と消費量」で計算しよう
   ・ 「単価」を決定しよう
   ・ 「消費量」の内訳と計算方法とは
   ・ 詳細な加工費は「レートと時間」で計算しよう
   ・ 「レート」の内訳と計算方法とは
   ・ 時間の中身を「見える化」する
   ・ 「見積原価計算」にトライ!
   ・ 見積原価計算に役立つ道具、「コストテーブル」
   ・ コストテーブルの「作り方」をマスターしよう
  columnD あるべき姿ってどんな姿? 
   
   
  第6章 原価計算を儲けにつなげるには?
   ・ 利益は「売上高」と「原価」で計算しよう
   ・ 変動費だけをとらえる「直接原価計算」と「限界利益」
   ・ 「損益分岐点分析」で利益を見える化しよう
   ・ 変動費と固定費をとらえる「全部原価計算」と「粗利益」
   ・ 「本当の赤字」と「見せかけの赤字」を区別しよう
   ・ 利益を生み出す「3つの作戦」を実践しよう
   ・ 原価計算で「コストダウンすべき製品」を発掘しよう
   ・ 「原価低減」による利益の生み出し方とは
   ・ 「企画・開発部門」の原価低減テーマと活動のすすめ方
   ・ 新製品の原価低減効果は「見積原価」「目標原価」「標準原価」で把握しよう
   ・ 「仕入・製造部門」の原価低減テーマと活動のすすめ方
   ・ 標準原価と実際原価の差を「原価差異」として把握しよう
   ・ 「原価差異の分析」にトライ!
   ・ 「営業・事務部門」の原価低減テーマと活動のすすめ方
   ・ 原価管理の「PDCAサイクル」とは
   
経営コンサルティング・社員研修・セミナーなど、お気軽にご相談ください