MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育はMEマネジメントサービス。

MEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
書籍紹介
新着情報TOPICS

2017/05/30 NEW!
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

経営マネージメントクイズに答えて
書籍プレゼント マネージメント学習に役立つ技術用語集
『原価の見積と価格のしくみ』 『初乗り610円にダマされるな!』
橋本賢一 /著
経済界                        
2006年
\880
 >Amazon.co.jp
   

書籍詳細

詳細内容

 
はじめに
   
第1章 初乗り610円は安いのか? 第6章 売値を3分の一にしても儲かる秘密
  選択には手順がある−意思決定の原則   儲かる仕組みを組み合わせる−システムミックス
 ・ 出張先のタイで戸惑う  ・ 巧みな価格政策で勝ち抜いたハンバーガーショップ
 ・ 小型と中型タクシーの乗り場はどちらに並ぶか  ・ 「この店は何が美味しい?」がキーワード
 ・ 過去の選択にふりまわされてはいけない
 ・ 情報を上手に使って顧客を誘導
 ・ スーパーのレジはどの列に並ぶのが得か?  ・ 儲かる仕組みの「特売」
 ・ 選択の範囲を広げると良い  ・ 「ちょっと出ちゃいますけどいいですか」は
    最強
セールストーク
 ・ 名古屋と福岡のタクシーは本当に安い?  ・ スーパー版「ほろ酔いセット」
 ・ 意思決定の分かれ道−選択のための4手順  ・ 販促製品は粗利益か、限界利益か
   ・ 「率」で言うか、「額」で言うか
   ・ 単価ではなく数量の伸びに注目
   
   
第2章 松坂牛のステーキよりラーメンを選ぶ 第7章 釣った魚に餌はいらない
 何を基準に「どっちが得か」を決めるか−判断基準   変わるところだけを考える−埋没原価
 ・ 空腹時、少量のステーキとラーメンを前にしたら  ・ 人を遊ばせるか、機械を遊ばせるか
 ・ スーパーとコンビニのどちらで働くと稼げるか?  ・ 外注したほうが安いとは限らない
 ・ どちらの商品を扱うほうが儲かるか?   ・ 値引き要求にはどこまで応ずるか
 ・ 限りあるスペースで最大限の利益をあげる
 ・ 設備投資してまで受注するべきか
 ・ 資金回収は早いほうが有利?  ・ 減価償却費はどのように計算するのか
 ・ 利益が多く出るほうを選択する  ・ 償却済設備を使うのは得なのか
 ・ 回収が早ければよいというものではない  ・ 設備を入れる前と後の選択は違う
 ・ 択一なら利益額を必ず見よ  ・ なぜ過大投資が生まれ損するのか
   
第3章 昨日の損より明日の儲けを考えよう 第8章 どうして結婚できないのか
  利益にも限界がある−限界利益と損益分岐点   もしもあの時…、逃がしたチャンス−機会損失
 ・ 「利益」って、どう計算するんですか?  ・ 結婚における機会損失とは?
 ・ まずは数字で見えるようにする  ・ 完売するより売れ残ったほうが儲かる
 ・ 飲料より儲かる自動販売機は?  ・ リアルタイムに生産する
 ・ 飲料自販機で儲かるのは電力会社だけ?  ・ 知らないは「幸」か「不幸」か
 ・ いったぜんたい何本売れば儲かるのか  ・ メンテナンス契約は費用がかかってもするべきか
 ・ 利益の限界=限界利益とは何か  ・ 壊れるまで待ったほうがよい設備
 ・ 未来の利益が見えてくる損益限界  ・ 空いている設備はどんどん利用する
 ・ 損益分岐点は固定費を限界利益回収する点である  ・ 注文したものと違うものを持ってきたら・・・
 
   
第4章 あなたの心臓は病んでいないか 第9章 ワサビぬき醤油で刺身なんて食べられない
  これが利益を生み出す力−付加価値   回転率で利益を上げる−回転率
 ・ 問題があるのは、原価か売上か  ・ 金子さんのツイてない日
 ・ 限界利益率は35%、粗利利益率は20%が平均値  ・ 絶対に欠品しない方法とは
 ・ 不採算製品をただ止めればいいわけではない  ・ 在庫は少ないに越したことはない
 ・ せめて材料費だけはいただきたい  ・ 在庫が必要な場合もある
 ・ 赤字受注しても儲かる?  ・ 在庫低減はコストダウンではない
 ・ 対策を考えなければならない製品を見つけ出す  ・ タクシーは短距離ねらいか長距離ねらいか
 ・ スマイルカーブの示す付加価値のある製品や業務とは?
 ・ 設けているようで損している床屋さん
 ・ 儲かる分野をどのように見つけるか  ・ 金子さんが貯めたもの
   
   
第5章 価値あるものにお金をかける
  なぜ「高い、安い」を感じるのか−最適資源配分
 ・ 「両方とも5千円で同じじゃないの」
 ・ 回収できない販売費をどうするか?
 ・ 受注のための優先順位
 ・ 時間とコストをかけるお客さんを見極める
 ・ 見積りだってコストがかかる
 ・ 価格を決める3大要素
 ・ 売値からどこまで原価を回収するか
 ・ 天然水は水道水の600倍の価値があるか?
   
 
経営コンサルティング・社員研修・セミナーなど、お気軽にご相談ください