MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修
教育、経営改善・効率化はMEマネジメントサービス。

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育、経営改善・効率化のMEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
技術用語集
新着情報TOPICS

2018/09/26 NEW!
弊社、常務取締役の大塚泰雄が代表を務める モジュラーデザイン研究会の【ECM/MDI 第6回定例講演会】が 来る10月22日(月)に品川で開催されます。 モジュラーデザインに関する研究報告や事例発表の機会と なっております。 参加費は無料ですので、ぜひご参加ください。 申込みはコチラより。

2018/09/20 NEW!
橋本賢一の新著『実践 原価計算』が10月12日に日本能率協会マネジメントセンターより出版となります。こちらから予約を承ります。

2018/04/26
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2018年5月号に、橋本の特集記事『業績に直結する改善活動の進め方』が掲載されました。

2018/1/5
日刊工業新聞社の雑誌「工場管理」2017年12月号に、田村の特集記事『人と設備の能力を最大化する工場レイアウトの鉄則』が掲載されました。

2017/05/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

マネジメントコンサルタント募集 マネージメント学習に役立つ技術用語集

技術用語集

用語説明・参考文献

     
   
用語説明・参考文献〜技術者のコストダウンに必要なキーワード
                           
   
       
     
  UDE (ユーディーイー)
    Undesirable Effects
     日本訳で「好ましくない結果」。TOCの思考プロセスでは、根本的な問題である中核問題から発生した「結果」、つまり原因ではないとしている。多くの問題と考えられているものは、この「好ましくない結果(UDE)」であるとしている。
     
  要素作業 (ヨウソサギョウ)
    element
     JIS Z 8141 「単位作業を構成する要素で、目的別に区分される最小の一連の動作又は作業。」 サイクルタイムが10秒程度の短サイクル作業を対象に設定する標準時間資料のレベルである。一つの工具や部品の処理に関係する一連の動作の集まりである。
     
    予知保全 (ヨチホセ゚ン)
    predictive maintenance
      ISO/TS 16949 起こり得る故障モードから予測して保全に関する問題を回避することを目的とする、プロセスデータに基づいた活動。
     
    予防コスト (ヨボウコスト)
    prevention cost
      品質コストの一つであり、製品のデザインと開発における欠陥を防ぐ、すべての活動コストである。このコストは、経営者の自由裁量的な管理可能費(自発的原価)であり、評価コスト、失敗コストを低減させるために発生するコストと位置づけられる。
     
    予防処置 (ヨボウショチ)
    preventive action
      ISO/TS 16949 起こりうる不適合の原因を除去する処理。すなわち不適合の未然防止策。
     
    予防保全(PM) (ヨボウホゼン)
    preventive maintenance
     故障に至る前に寿命を推定して故障を未然に推定して故障を未然に防止する方式の保全のことであり、生産停止や性能低下をもたらす状態を発見するための点検・診断及び初期段階に行う調整・修復の両面がある。(生産管理用語辞典 日本経営工学会 2012年 日本規格協会)

 ISO/TS 16949 製造工程設計のアウトプットとして、設備の故障及び予定外の生産停止の原因を除去するために計画された活動。

     
    余裕時間 (ヨユウジカン)
    allowance time
     一日の単位で連続的に仕事を行うには基本時間だけではできない。作業によって生じた疲労を回復するための時間、トイレや汗拭きの時間、不規則に発生する作業や避けられない遅れが発生する。この様な追加時間が余裕時間である。
     
    1/4選択法 (ヨンブンノイチセンタクホウ)
    1/4 selection method
     直接時間研究によって測定した値の低い方から1/4位に相当する時間値を選択する方法である。