MEマネジメントサービス

原価低減・コストダウンのためのコンサルティング、社員研修、
教育はMEマネジメントサービス。

MEマネジメントサービスお問合せはこちら
ME JAPANME KOREAME CHINAME THAILANDME AMERICAME KANADA
書籍紹介
新着情報TOPICS

2017/05/30 NEW!
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2017年6月号に、橋本の特集記事『付加価値を生む最適資源配分』が掲載されました。

2016/06/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2016年7月号に、橋本の特集記事『投資の意思決定と設備投資』が掲載されました。

2016/06/06
コンサルタントコラムのクイズに答えて書籍プレゼント! 詳しくは該当コラムをご覧ください。

2015/03/10
中央大学経理研究所発行の経理研究第58号に、橋本賢一の執筆した
<未来の利益に繋がる「管理会計」の活用>の記事が掲載されました。

2014/12/26
田村孝文・小川正樹の新著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』が12/26に発売になりました。

2014/12/10
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2014年12月号に、橋本の特集記事『人・設備の最適組み合わせライフサイクルメンテナンス』が掲載されました。

2014/06/19
動画コラム「見てわかる改善の原則」シリーズをアップグレードしました(6/19最新コラム)

2013/11/14 
大塚泰雄の新著『トコトンやさしい原価管理の本』が11/14に発売になりました。

2013/10/11
日本モジュラーデザイン研究会2013年度研究成果報告講演会
橋本が講演を行いました。

2013/07/30
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2013年8月号に、橋本の特集記事『マス・カスタム生産方式の構築』が掲載されました。

2013/03/21
税務経理協会発行の税経セミナー4月号に、小川正樹の執筆した明治大学専門職大学院「原価管理」の記事が掲載されました。

2012/08/10
小川正樹の新著『見える化でわかる原価情報システムの作り方と使い方』が8/10に発売になりました。

2012/03/19
橋本賢一の新著『正しい意思決定のための経済性工学がわかる本』が3/17発売になりました。

2011/09/09
橋本賢一の新著『見える化でわかる限界利益と付加価値』が9/9に発売になりました。

2011/08/29
日本プラントメンテナンス協会の機関紙プラントエンジニア2011年9月号に、橋本の特集記事『管理監督者の原価革新』が掲載されました。

2011/03/17
橋本賢一の新著『間接・サービス部門の原価管理』が3/17に発売になりました。

2010/12/20
田村孝文/大塚泰雄の新著『ムダつぶしコストダウン』が12/20に発売になりました。

2010/11/12
小川正樹の新著『開発段階の製品原価管理』が11/12に発売になりました。

2010/07/16
橋本賢一・大塚泰雄の新著『見える化でわかる売り値と買い値』が7/16に発売になりました。

2010/07/14
中国 西南科技大学の『国際IE大会』で橋本賢一と田村孝文が、中国のIEの推進をテーマに講演を行いました。

2010/03/25
小川正樹の新著『見える化でわかる原価計算』が発売されました。

2010/03/01
中部産業連盟 プログレス2010年3月号に小川の『コストダウンは設計から作り込む〜開発設計段階におけるコスト低減7つのヒント〜』 の記事が掲載されました。

2010/02/22
コンサルタントコラムを新設しました。不定期でコラムを掲載します。

2010/02/01
大塚泰雄の共著『第一線監督者マネジメントガイド』が発売されました。

2009/11/28
田村孝文の新著『図解でわかる生産の実務 作業改善 』が発売されました。

2009/ 8/20
小川正樹の新著『よくわかる「品質改善」の本』が発売されました。

2009/ 6/22
Me-learningはメンテナンス中です。詳細につきましてはお問合せください。

2009/ 5/15
『Business Risk Management』5月号に橋本の『生産性が高まる「ムダとり」のポイント』の記事が掲載されました。

2009/ 2/18
日本能率協会 2009生産革新総合大会で海外工場の生産革新について講演を行いました。

2009/ 2/18
小川正樹の新著『図解でわかる生産の実務 高品質・低コスト生産のすべて』が発売されました。

2009/ 1/19
Me-learningを再開しました。

2008/11/20
大塚泰雄の新著『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』が発売されました。

2008/11/17
橋本賢一の新著『社長!経営が見えていますか?』が発売されました。

2008/8/29
教育研修ぺージリニューアルしました。

2008/8/22
橋本賢一の新著『よくわかる「ムダとり」の本』が発売されました。

2008/8/12
小川正樹の新著『よくわかる「レイアウト改善の本』が発売されました。

2008/4 / 1
Me-learning『計画・意志決定のための経済性工学』コース リニューアルしました。

2008/2/22
小川正樹の新著『絵でみる原価計算のしくみ』が発売されました。

経営マネージメントクイズに答えて
書籍プレゼント マネージメント学習に役立つ技術用語集
『技術者のための見積原価計算』  
『技術者のための見積原価計算』
橋本賢一・宮田武 /著
日本能率協会            
1988年 A5判 全254頁
\4,000
 >Amazon.co.jp     
   
製品原価の80%は技術部門できまるといわれる。良くも悪くも、製品の運命は技術者に握られているわけだ。この決定率80%は、技術者による原価目標の設定とその達成計画がいかに大切かを象徴的に示す数字である。一方、製造業の原価問題は厳しい現状を迎えている。多種少量・短納期化・製品の短命化という需要構造の変化、FA化による生産要因の変化、さらに急激な円高という変化に直面して、企業は一生のコストダウンに迫られていながら、対応に窮しているのが現状であろう。しかし、対応策がないというわけではない。原価の決まり方にもう一度目を向けると、コストダウンに果たす記述部門の役割がクローズアップされるのである。開発・設計の段階で原価の計画を立て、生産準備の段階からコストダウンの余地を探る。 この活動の主役は技術者である。そうしてこうした原価企画ともいうべき仕事が、これからのコストダウンを担う事は間違いない。本書は、この原価企画の視点から、技術者に必要な見積原価計算の基礎知識とその応用について解説したものである。特に、わが国の起票では整備が遅れているといわれる原価情報データーベースについては、著者のグループが開発したパソコンによるコストテーブルの実際例や、原価シュミレーションを紹介しながら、なるべく具体的に記述されている。技術者として実務上、これだけは知っておきたいと思われる見積原価計算の解説を中心に、原価計算をしながらコストダウンの糸口が分かる、著者お勧めの一冊です。
   

書籍詳細

詳細内容

   
 第1章 経営環境の変化  第8章 工程設計と工数見積

  ・ 経営環境変化と対応策

  ・ 見積原価計算上の工程設計・見積の位置づけ

  ・ コストダウン活動に果たす技術部門の役割   ・ 類似品からの工程設計
  ・ コストダウンの活動レベル   ・ 工程設計・工数見積の動向
   
 第2章 原価の基礎知識と原価計算方法  第9章 生産技術段階でのコストダウン
  ・ 原価のしくみと原価計算の基礎知識   ・ 工程設計とIE
  ・ 見積原価計算と事前のコスト検討   ・ 加工設備の検討
    ・ 短納期化の要請とライン編成 
    ・ 多品種・小ロット・柔軟性の要請とライン編成
   
 第3章 原価企画(コストプランニング)  第10章 技術者の行う既存製品のコストダウン
  ・ 原価企画部門の組織化   ・ 製造システム上発生し易いロス
  ・ コストプランニングの手順   ・ コストダウンアプローチ
  ・ コストテーブルの作成とDBへの自動蓄積   ・ 改善成果例
   
 第4章 材料費の計算  第11章 採算分析と経済計算
  ・ 材料費の計算手順   ・ 製品採算の分析
  ・ 材料費の計算と基礎データの整備   ・ 設備投資の経済計算
  ・ 材料費見積計算の手順

  

    
 第5章 設計段階でのコストダウン  第12章 技術者の原価計算の自動化
  ・ 材料費のコストダウン手法   ・ 品番・品名・構成の登録
  ・ VE(バリューエンジニアリング)の展開手順   ・ コストプランニング
    ・ 材料費の見積計算 
 第6章 加工費の計算   ・ 工程設計  
  ・ 加工費の計算手順   ・ 工数見積
  ・ 加工費レート・設備費レートの設定   ・ 工程能力の検討
  ・ 部門別加工費のレート計算   ・ 加工費の見積計算
  ・ 設備費レートの計算   ・ 原価分析
  ・ 金型・治工具費の計算   ・ パソコンによる技術者原価計算に必要な機能
    ・ パソコンシステム設計上の留意点
 第7章 時間テーブルの作成  
  ・ 標準時間の設定と時間テーブルの作成  
  ・ 分析型標準資料の作成手順  
  ・ 分析型標準事象による標準時間の設定  
   
経営コンサルティング・社員研修・セミナーなど、お気軽にご相談ください